新生活のマナーとは

群馬や埼玉など、北関東の一部の地域では、新生活と呼ばれる香典返しの贈り物のマナーが今も残っています。
そもそもは第二次世界大戦後の昭和20年代に始まった習慣と言われています。
当時はだれもが貧しく、香典を出すのも、それから香典返しをするのも大きな負担だったのでしょう。
喪主側と参列者側双方において、葬儀に関する金銭的な負担を軽減させるために考え出されたと思われます。
新生活とは、簡単に言うと、香典の金額を少額で済ませる代わりに香典返しを辞退する、と言うものです。
参列者は包む金額を減らすことができます。
喪主側は香典返しを用意する負担を軽くすることができるのです。
例えば群馬県では現在でも新生活の習慣が地域に根付いています。
葬儀の受付は、「新生活」と「一般」の2カ所に分けられていることがほとんどです。
つまり、包んできた香典の額によって受付する場所が違うのです。
現在では、2000円から3000円の香典の場合は新生活で受付をします。
一般受付をするのはだいたい5000円以上を包んできた場合になります。
さらに、新生活のマナーにのっとって香典を出す場合には、香典袋にも特別な但し書きをします。
表書きの「御霊前」の右側に「新生活」と少し小さめの字で加えるのです。
あらかじめ、「新生活」あるいは「新生活運動の趣旨にのっとり香典返しを辞退いたします。」と印刷されたのし袋も売られています。
ただし、群馬など北関東で今も根付いている新生活のマナーは、他の地域では通用しないことがほとんどです。
この記事をシェア、ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017祝い事にまつわるタブーとマナー〜贈り物選びの前に知っておくべし〜.All rights reserved.