特別な弔意を表す方法

仕事やプライベートで特別にお世話になっている人に不幸があった時、弔意を相手に伝えるにはどんな方法があるのでしょうか。
例えば、仕事で懇意にしている人の御家族が亡くなった時、弔意を表す1番の方法は告別式や通夜に参列したり、弔問に行ったりすることです。
直接顔を合わせてお悔みをのべることで、相手にこちらの気持ちを伝えることができます。
それから、気持ちを表すには香典を包んだり、供花やお供物を用意したりするなど、弔意にふさわしい贈り物を準備する方法も良いでしょう。
でも、もしも特別に懇意にしている相手だからと、高額な香典を用意する予定でいるのなら、その予算のいくらかを使って、供花やお供物を用意したほうが、相手には喜ばれるかもしれません。
これまでに通夜や告別式に参列したことがある人ならばわかると思いますが、供花やお供物の少ない祭壇はとてもさみしいものなのです。
もしも花が多すぎても、困ることはありません。
むしろ、並びきれないほど供花やお供物が届いたら、遺族の方々はとても嬉しく誇らしく思うのではないでしょうか。
ですから、高額な香典を包むのも良いですが、その予算で供花やお供物も用意する方が、相手に気持ちを伝えることができるかもしれません。
最近は大きなお葬式を望まず、身内だけで送る家族葬を選ぶ人も多いそうです。
家族葬の場合は外部の人は参列することも難しいはずです。
ですから気持ちを表す方法として供花などの贈り物を届ける方法を選ぶと良いのではないでしょうか。
この記事をシェア、ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017祝い事にまつわるタブーとマナー〜贈り物選びの前に知っておくべし〜.All rights reserved.