贈り物の選び方

私たちの人生は、贈り物のやりとりで成り立っていると言っても過言ではないかもしれません。
人生の節目には、必ずと言ってよいほど、何か品物を贈ったり贈られたりしています。
例えばこの世に誕生した時には、周囲から出産祝いを受け取ったはずです。
それから毎年の誕生日、七五三があります。
幼稚園や小学校に進学するたびに入学祝いをもらったはずです。
成人すれば成人祝い、就職すれば就職祝いがありますね。
結婚する時は、長い人生の中で、最もたくさんの贈り物を受け取る時かもしれません。
それから人生の終焉を迎える時も、残された家族に対して、周囲の人から香典やお花が届くのです。
人は生まれてから亡くなるまで、何かの度に品物を贈ったり受け取ったりして生きているのです。
そして、さりげなく相手を喜ばせることができる贈り物選びができる人は、とても素敵です。
生き方上手と呼んで良いかもしれません。
どうしたら、行き過ぎず、でも相手に良い印象を残せるような品物選びができるのでしょうか。
もちろん、それぞれの節目にはふさわしいマナーやルールがありますので、ルール違反をしていないことが大前提になります。
その上で、相手が何を喜ぶか、想像力を働かせることが大切なのではないでしょうか。
それから、世の中のトレンドに対して常にアンテナを張っておくことも重要かも知れません。
例えば出産のお祝いに、少し前まではベビー服などがよく使われていたようです。
でも最近は、より実用的なものが好まれているそうです。
紙おむつでできたケーキは飾ってもかわいいし、実際にその日から使えます。
抱っこ用のスリングも、とても優れた商品として人気が高まっています。
固定観念に縛られて品物選びをするよりも、今人気のある品物や、贈答品として良く選ばれている物を、まずは調べてみたほうが良いのです。
風呂敷が、再注目され、おしゃれなデザインのものもたくさん発売されています。
かさばらず、さりげないプレゼントに最適です。
知らなければ選ぶことができません。
ウエブサイトで情報を検索してみるのも良いでしょうし、ショッピングモールなどを歩いてみるのも参考になるはずです。

贈り物なら、情報量の豊富なこのサイトがお勧めですよ。

この記事をシェア、ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017祝い事にまつわるタブーとマナー〜贈り物選びの前に知っておくべし〜.All rights reserved.